公的文書に必要な会社印鑑はどんなものか解説

日本では昔から承認の証として印鑑が使われています。海外では署名、サインで済ませることがほとんどです。アジア圏でも中国や韓国でも印鑑を使う文化がありましたが、公的文書には署名を用いるようになってきました。日本では今後も印鑑の文化がなくなることはないと思われます。そのため公的に認められるためには印鑑が必須です。法人として会社を設立するときに必要なものも印鑑です。会社に設立登記を登録する時に使う公的文書にも印鑑が必要になります。その後、事業を進めて行くためにもいろいろな場面で印鑑が必要になります。通常、業務で使われる印鑑にはいくつかの種類があります。その中でも用途に合わせて最低でも3つは必ず必要になると思われます。それが実印、銀行印、角印です。

それぞれの会社印鑑の使い方の違い

業務に必要とされる実印、銀行印、角印は、使い方に違いによって分類されています。公的に登録されているのが実印です。実印は印鑑のうち個人及び法人を印章により証明することができるものをいいます。印章と一緒に個人の情報を自治体に登録することで後日証明書を受け取ることができます。銀行印は名前の通り銀行とのやりとりに使われる印鑑です。その印章で金銭を動かすことになるので、それ以外の目的に使われる印鑑と区別する必要があります。もしその印章を偽造された場合には、自由に引き出したり、振り込むことができてしまいます。角印は押印することで、その会社の発行したものだとわかるようにするためのものです。何かの事実を説明するようなときに作成した文書に朱印として確かにその会社が言いたいことだと示すことができます。

公的な文書に押印が必要な会社印鑑

印鑑は、押印して書類に印章をつけることでその印鑑の保有者に意志を示した証拠になるようなものです。公的な文書は、その印鑑の保有者が行う公的な活動を裏付けるための証拠になります。そのため、その印鑑が本人のものだと証明できることが重要です。つまり公的な文書に必要な会社の印鑑は、実印と言うことになります。公的文書の提出時には印鑑証明の添付を義務付けられることもあります。通常は実印が押印されていると言う事実だけで十分な効力を持ちます。実印を途中で変更することは、簡単にはできません。そのためにも実印は偽造しにくく、耐久性のあるしかりとした品質のものを用意する必要があります。会社の意志を示す、会社の分身のようなものなので縁起を担いでいろいろとこだわる方もいます。