会社印鑑を選ぶときのおすすめのポイント

会社印鑑は会社が会社として存在するために重要な役割を果たします。設立するときには印鑑証明の届出を行なった印鑑が必要です。また、会社の資金を銀行に預けるには印鑑が必要です。会社の言いたいことや考えていることを文書として発行するときには角印を押印します。このように用途に応じていくつかの印鑑が使い分けられています。これらの印鑑は、偽造防止のためにもこのように1つのものを作る必要があります。また、一度作った印鑑を変更することは簡単にはできません。特に破損や劣化などで印章が変わってしまうことがないようにする必要があります。そのためにも耐久性があって、しっかりとした品質のものを選びます。材質には選択する種類がいくつかあります。また大きさによっても印章の複雑さが変わってきます。

会社印鑑にするために適当な材質

印鑑は何度も力をかけて押し付けられます。印章の写りが良くなるように紙の下にクッションとなるものを敷くこともあります。それでもかなりの力が繰り返しかかります。そのためにも程よい硬さが必要です。材質は印鑑の値段に直接影響します。硬さと見た目などから適当な金額のものを選びます。一般的に流通している材質として本柘植が有名です。硬質の木から切り出されるため木目のきれいさが特徴です。動物の角や牙を使ったものもあります。現在では象牙は限られた量しか流通していないため、かなりの高額になります。同じように印鑑として使われる材質として水牛の角があります。重さや質感など高級感が感じられます。実印、銀行印、角印と同じ材質に揃える必要はありませんが、同じ材質だと見た目が豪華に感じられます。

印鑑の大きさを選ぶことの重要な意味

印鑑の形や大きさにも意味があります。形は押しやすさです。安価で購入できる印鑑は寸胴型ですが、くびれのついた天丸型の方が会社印鑑には向いています。持ちやすいための形をしているために何度も押しても疲れません。力も入りやすいのでしっかりした印章になります。印鑑の大きさ、つまり太さも重要です。印鑑の太さは印章の大きさになります。大きな印章は、それだけ複雑な加工をすることができます。複雑になれば、それだけ偽造されるリスクが低くなります。実印や銀行印の選択肢は15mm、16.5mm、18mmが一般的です。角印は21mm、24mm、27mmから選びます。会社の名称によっては大きなものでなければ入らないこともあります。あとは選ぶ書体によっても大きさが変わってくることもあります。