会社印鑑を作るお店選びで失敗しない方法

会社を設立するにあたって必要な手続きや機器類などは多くのものがありますが、その中でも大事なのが印鑑です。日本は印鑑社会なので個人だけでなく法人も印鑑を持つことが必須になります。そこで会社を作る際には最初に印鑑も作ることになります。しかし、設立する際の忙しさにかまけてここで印鑑を作ってもらう店を選ぶのをおろそかにしてしまうと、後から後悔することになるかもしれません。というのも、印鑑は会社の顔と言って良いものだからです。印鑑には材質も彫りの品質もピンからキリまで様々なものがあります。適当に選んで品質の悪いものを選んでしまっては会社のイメージも悪くなるかもしれません。そこで、会社の印鑑を作るお店選びで失敗しないためのポイントをいくつかご紹介します。

会社印鑑はセットで購入するのがお得

さて、まず会社の印鑑とは言っても、そこにはいくつかの種類があります。一般的なのは3種類、実印、銀行印、そして角印です。これらは全て目的、用途が違うものですのでほとんどの場合全ての種類を用意しなければなりません。例えば実印は代表者印とも言い印鑑登録も行い、会社の重要な意思決定書類に使ったり、社外との契約書などに使います。銀行印は名前の通り銀行口座を開設する際に使う印鑑です。一方角印はどちらかと言えば個人で言うなら認印に近いもので、日々使うものとなります。そして、これら3つの印鑑は別々で作ることもできますが、セットで販売している業者も多くあります。そういった場合はセットで買うのがお得と言えますので、できる限りセット販売のものを選ぶと良いと言えるでしょう。

会社印鑑を選ぶ際に他に気を付けることとは

他に会社のための印鑑を作成する際に気を付けるべきことは、印鑑の種類ごとの用途を踏まえて考えることです。例えば実印、銀行印はとても重要なものですので、品質も高く、またオリジナル性が高いものにしておいた方が良いでしょう。一方で角印は日々使いますのでとにかく丈夫なものを選んだ方が良いと言えます。例えば、実印、銀行印については簡単で読みやすいものにしてしまうのは問題です。偽造など不安も高まってしまうからです。そのため、できる限り機械彫りより手彫りのものを選んだ方が良いでしょう。角印については丈夫な素材を重視し、チタンなどを選ぶのがおすすめです。チタンは素材としては価格が高いものにはなりますが、それ以上に耐久性が群を抜いています。買い替える必要がなくなるので結果としてはコストパフォーマンスが良くなるからです。