会社印鑑の値段の相場はどれくらい

会社を立ち上げる時に必要になる印鑑の内、会社印鑑は会社の実印です。会社の実印は、法務局で印鑑登録を済ませる事で、会社経営の中で効力持つ印鑑になり、企業間契約や重要な契約書に捺印する時に必要になります。しかしながら、会社の実印と言うのは重要な印鑑であり、破損する事がないような耐久性を求める人も少なくありません。昔から印鑑に最適な素材は象牙などと言われていますが、現在象牙の印鑑は高価なものであり、中々手が出ないとイメージしている人も多いのではないでしょうか。会社の中で使う印鑑の種類としては、実印の他に角印と言われている社名が記載されている印鑑やゴム印と言われている見積書などに使う印鑑、そして銀行との取引などで使う銀行印と言った4つが必要であり、どのくらいの金額が必要になるのかを把握しておく事が大切です。

実印は材質に応じて5,000円前後から購入出来ます

会社印鑑の中でも会社の実印は良いものを選びたいと考える人は多いのではないでしょうか。良いものを選ぶと言っても、どのくらいの金額になるのか、初めての人にとっては分からないものです。実印等の印鑑の場合、材質により金額が異なります。例えば、5,000円以下で購入出来る実印等の場合、黒水牛や彩樺、オランダ水牛、黒檀や柘・薩摩本柘と言った種類があります。オランダ水牛や純天然黒水牛、白檀等の場合は、5,000円から1万円が相場と言われており、オランダ水牛については中色や泡色などで、濃色の材質の場合は、値段が安いと言った特徴を持ちます。純白のオランダ水牛等の場合は、1万円から2万円が相場で、この金額で購入出来る印鑑の材質としては、チタンや象牙、水晶、琥珀などがあり、2万円以上の印鑑の材質としては日輪象牙や天然石、チタン、マンモスなどになります。

象牙は耐久性や持ちやすさがあり人気を持ちます

会社印鑑を作るのであれば、象牙が良いと考えている人も多いのではないでしょうか。現在象牙は輸入が禁じられているため、象牙の在庫品を使って実印などで使う事が出来ますが、象牙と言ってもピンからキリまで値段は様々です。値段の差と言うのは象牙のどの部分から材料として使うのかにより決まると言われており、日輪象牙は1本の象牙から1~2本程度しか取る事が出来ない希少価値を持つ材料です。値段としては2万円以上が相場であり、日輪と言う名前からも、複数の円模様が鮮やかなものほど値段が高くなります。安価な象牙などの場合でも、1万円から1万5千円が相場であり、会社の実印以外にも、銀行印や角印などに象牙の印鑑を使うとなると、1本2万円と計算した場合でも6万円以上の予算を用意しておく必要があります。