会社印鑑にはどんな種類があるか解説します

会社を設立する時には、会社の実印と発起人全員の実印の2つが必要になります。発起人の実印と言うのは、個人が所有する実印であり、印鑑登録が行われているものが必要です。また、発起人全員の実印は会社を設立する時に最初に行う定款を定める時に使用するため、これから会社を作ると言う場合には、最初に用意をしておく必要があります。一方、会社の実印は登記申請を行う時に実印の登録を行うため、設立登記前に準備をしておく事が大切です。これ以外にも、社印と言われている印鑑や銀行などで使う銀行印などの会社印鑑が必要になります。それぞれ利用目的が異なるため、この場合には何を使えば良いのかを把握しておく事や使用頻度が多い社印などは耐久性を持つ印鑑を選ぶ事が大切です。

株式会社の中で使う印鑑の種類には何があるのか

会社を設立する場合、株式会社として設立した場合には、会社の実印と社印、銀行印と言う3つの会社印鑑を用意しておけば良いのです。会社の実印は個人の実印とは異なり、会社の重要な契約を交わす時に使用する印鑑です。設立登記を行う時に、法務局内で実印登録を行う事で、会社の実印としての効力を持たせる事が出来るようになります。特に、金銭が絡む契約を交わす時、契約書に捺印するのが実印であり、利用頻度と言うものはそれほど多くはありませんが、重要な契約時に使うと言う事からも、耐久性や品質が良いものを選ぶようにしましょう。社印と言うのは、会社の社名や住所などが刻まれた印鑑で、見積書などに捺印する時に利用する印鑑です。銀行印は銀行との契約を交わす時に使う印鑑であり、3つの印鑑を用意しておく必要があります。

実用上としては4種類の印鑑を用意しておけば安心です

一般的に会社印鑑としては実印、銀行印、社印の3種類があれば良いのですが、社印は見積書、請求書、領収書などに利用する機会が多い印鑑で、実印を使うほど重要性がない書類に使います。社印は一般的には角印と言われている長方形もしくは正方形の形をした印鑑を使う事が多いのが特徴です。尚、会社の中で使用頻度が高くなる印鑑は、どうしても耐久性に不安を持つと言えましょう。そこで、ゴム印と言われている横書きになっている印鑑を用意しておけば、大切な契約の時には実印や銀行印、社印もしくは角印を使い分け、見積書や簡易的な契約書類に捺印する印鑑としてゴム印を使うと言った使い分けをしておけば安心です。ゴム印には本店所在地や電話・FAX番号、会社名や代表者名などが刻まれており、これらがセパレートになっているタイプもあります。

センスあるチタン印鑑は7,980円からご案内しております。 平日10時~18時までの営業時間、お気軽にお問合せください。 熟練した職人がご満足できる印鑑を貴方様にお届け! 印鑑実印商品は10年保証付き、彫刻前のイメージを無料確認可能、5400円以上のお買い上げは送料0円! 営業日14時迄のご注文、最短即日発送できます。 会社設立時に必要な会社印鑑も作成できます